公益財団法人 東京生化学研究会 The Tokyo Biochemical Research Foundation

TBRF since 1960

財団法人東京生化学研究会は1960年12月、文部大臣(当時)の認可を受けて設立されました。当財団は薬物治療並びに新医薬品の創製に関する基礎的・応用的な研究を助成し、医薬品の独創的研究を奨励するために、この目的達成に貢献すると判断される研究に対して研究助成金及び研究奨励金を贈呈しています。また、海外で開催される医学・薬学関連国際会議に招待講演等で出張する研究者の海外派遣補助金、国内で開催される医学・薬学関連国際会議等に招待講演等で来日する外国在住研究者を対象とした研究者招聘補助金、薬物治療並びに新医薬品の創製に関する研究を志す大学院生等に対する奨学金の援助を行っています。


1995年度からは、我が国とアジア地域の研究者による薬物治療並びに新医薬品の創製に関する共同研究を助成するために、アジア地域から博士号を取得した若手研究者を我が国の大学・学術研究機関等に1〜2年間招聘する国際共同研究助成事業を実施しています。


本財団は、これらの事業活動を通して、医学・薬学の進歩発展に貢献できるよう、微力を尽くしたいと念じております。今後とも、皆様方の暖かいご支援とご鞭撻をお願い申し上げる次第です。

お知らせ

東日本大震災で被災された方々、および福島第一原発事故により不自由な生活を余儀なくされている方々に慎んでお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い被災地域の復興を心よりお祈り致します。

  • 2016年4月
    平成25(2013)年度より、当財団のすべての助成金・奨励金・補助金の応募申請は、Web入稿システムにより提出していただいております。申請者各位におかれましては、希望する各申請項目の応募要項欄から『助成申請Web登録システムへ』ボタンをクリックしてマイページを取得したのち申請書類を作成して下さるようお願いします。
  •  
    平成28(2016)年度研究助成金、研究奨励金ⅠおよびⅡ、並びに平成29(2017)年度の国際共同研究助成金の応募申請期間はいずれも8月1日〜9月30日の予定です。なお、研究助成金・研究奨励金-Ⅰに関する平成28年度募集研究テーマは、7月上旬までに決定し、各大学・研究機関あてに文書にてお知らせするとともに、学会誌(ファルマシアなど)ならびに財団ホームページ上で公開致します。
  •  
    平成28(2016)年度後半期(10月〜3月)に予定される国際会議等に関わる海外派遣補助金および海外研究者招聘補助金の申請期間は7月1日〜31日となっております。それ以前および申請期間を過ぎてからの応募は受け付けかねますのでご注意下さい。
  •  
    平成27(2015)年度研究助成金、研究奨励金-Ⅰおよび-Ⅱ、平成28(2016)年度開始予定の国際共同研究助成金、平成28年度前半期開催予定の国際会議等に関わる海外派遣・招聘補助金ならびに平成28年度奨学補助金の各贈呈者の氏名・所属・研究課題等について、贈呈者一覧の項に掲載致しました。
  •  
    平成28(2016)年度事業計画書および収支予算書内訳表(正味財産増減予算書内訳表)他、定款を含めその公開が法令で定められている資料について、業務・財務資料欄に掲載してあります。
  •  
    平成27(2015)年度版「助成研究報告集」は、6月下旬〜7月上旬に刊行予定です。
  •  
    平成28(2016)年度の助成研究報告会を、平成29年3月3日(金)の午後、日本橋YUITOにて開催する予定です。研究成果の発表をお願いする先生方へは、追って7月半ば頃に報告会スケジュールの概要をお知らせします。